総量規制について

2006年に貸金業法が成立し段階的に施行され2010年6月に総量規制などの重要な部分が全て施行されました。
総量規制の一番のメインは個人の総借り入れ額が原則本人の年収の3分の1までに制限されるという点です。
その他に利用者から新たな貸付の申し込みがあればその都度個人信用情報で他貸金業者からの借り入れ残高を調査すること、
一度申し込みをすると融資限度枠内で何度も借り入れと返済を繰り返す事ができる極度方式基本契約を利用者と締結した場合は、
一定条件のもと毎月もしくは3カ月以内に1度信用情報機関から情報を得て貸付残高を調査しなければいけないなど義務が課されています。
そして貸付残高あるいは融資限度枠が50万円を超える場合、あるいは他社を含めた貸付総額が100万円を超える貸し付けを行う場合には
収入証明書の提出を求めることも貸金業者に義務付けています。総量規制に違反すると行政処分の対象となります。
この規制は個人の貸付を対象としていて、またいくつかの例外と除外項目もあります。例外は、おまとめローン、緊急医療費の貸付、
社会通念上必要と認められる費用を支払うための貸付・配偶者貸付等があります。除外は不動産ローン・自動車ローン・高額医療費の貸付・
有価証券担保貸付等があります。そして銀行カードローンは総量規制の対象外になります。銀行カードローンは銀行法のもと業務を営んでいるので、
貸金業法では規制されないのです。ですから利用者本人の年収による貸付制限が無いため無収入の専業主婦でも借り入れ可能な銀行カードローンがあるのです。
その際条件として夫に安定した収入があることが絶対ですが、配偶者貸付とは違い収入証明が不要で夫の同意なども必要ないところもあり専業主婦が単独で
借り入れでき利用しやすくなっています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク