保証人と連帯保証人の違いとは

保証人と連帯保証人は名称は似ていますがその違いについて理解しておく必要があります。保証人とは借り入れをした債務者が返済できない場合に代わりに借入金を返
済する人です。返済できない状態とは自己破産をしたり行方がわからず連絡が取れなくなってしまう状態を言います。保証人には権利があります。
一つは催告の抗弁権です。債権者が債務者に十分な取り立てをしないで保証人に返済を要求してきた場合には、まずは債務者に支払いを要求するよ
うに主張し保証人は返済を拒否することが出来る権利です。2つ目は検索の抗弁権です。債務者に財産があればそれを優先的に返済に充当するように
主張し保証人は返済を拒否する事が出来る権利です。一方連帯保証人にはこの二つの権利は無く、法的には債務者と連帯保証人は同等の扱いになりま
す。債務者が返済を怠れば債権者は債務者に取り立てをせずにすぐにでも連帯保証人に返済を要求することもあるのです。もし拒否をしようものなら
強制執行され給与を差し押さえられることもあり得ます。よく連帯保証人になってしまったことでとんでもないトラブルに巻き込まれ多大な借金を背負っ
たという話をきくことがあり、安易に引き受けるべきことではないことがわかります。保証人は連帯保証人よりも責任が軽いように感じますが、いずれにしても
債務者が返済できなければ代わって返済しなければいけない立場であり、正式に引き受けると原則債権者の許可が無い限りやめることはできません。もしどうし
ても引き受ける事になれば責任範囲や内容を十分に確認し債務者に代わって返済する覚悟で引き受けなければらないということです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク