審査で重要視されるのはどんな点?

カードローンを利用してみたいけど、審査に通るかが心配という声をよく耳にします。カードローンの申込みにおいては、どういった点をポイントに審査が行われているのでしょうか。
カードローンの審査基準は各金融機関によってさまざまであり、利用者に向けてその内容を明示しているものはありません。
しかしながら大まかに見れば似かよった内容です。担保も保証人も不要であるカードローンでは、利用者の信用が何より重要視されます。
信用を何で測るかというと、年収や勤務状況になります。年収は高ければよいとも限りません。毎月安定した収入が見込めるかどうかがポイントになるので、
高年収でも月によっては極端に少ない場合などは不利になることもあります。また正社員でもアルバイトでも、勤続年数がある程度長いかという点は判断材料の一つになります。
職場を転々としているようでは信用が得やすいとはいえません。また審査においては個人信用情報というものが照会されます。
信用情報をチェックすることで、その人の借入や返済にかかわるデータが確認できます。過去に延滞を繰り返していたり、現在他社から多額の借入を抱えている人などは、
当然審査には不利となります。カードローンの審査で気をつけたいのはブラックリストです。過去一定期間において債務整理や自己破産といった金融事故情報が残っている、
つまりブラックリスト入りしている場合は、新たにカードローンの申込審査を通過する可能性はまずありません。心配なときには、事前に自分で個人情報を照会しておくと安心です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク