夫の信用情報への影響

専業主婦がキャッシングをした場合、夫の情報が信用情報機関に載ることはあるのでしょうか。
専業主婦は外で仕事をして収入を得ていませんから、借りたお金を返すアテは夫の収入のみとなります。

夫も申込者である専業主婦の自分と共に情報が載ってしまうのではと考えがちですが、これは大きな間違いです。
夫がキャッシングの連帯保証人になっているならば話は別ですが、連帯保証人でも何でもないなら夫の収入が返すアテであっても信用情報機関には絶対に載りません。

夫の名前が信用情報機関に名前が載ってしまうと、家を購入しようと思って住宅ローンの審査を受けたとき、自分では使った覚えのないキャッシングを銀行側から指摘される可能性があります。
子どもが増えたから車を買い換えたいと自動車ローンの申し込みをしたけれど、なぜか審査に通らなかったということにもなりかねません。

いずれも名前が載っているだけで絶対に審査が通らないというわけではありませんが、問題は身に覚えのないキャッシングがあるという点です。
家族間に亀裂が生じるかもしれない大きな問題になりますが、信用情報機関に関しては安心してください。

さらに専業主婦が借りられるカードローンの申し込み時に、夫の同意を得ることはありません。
信用情報機関に名前が載らなくても、さすがに夫の同意書を得なくてはいけないのでは?と思われがちですが、こちらも必要ありません。

専業主婦が借りられる金額はキャッシング会社によって若干の差がありますが、だいたい20~30万円以内(イオン銀行のみ50万円)となっています。
一ヶ月の最低支払い金額は6,000~7,000円くらいですから、家計に無理のない程度で返済できるようになっています。

完全に夫に内緒で借りられるようにきちんと考えられて作られたものなので、専業主婦の皆さんも安心してカードローンを利用できます。
いろいろと不安でまだ申し込んでいない方がいましたら、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。